menu

手作りの楽しさと美味しさを

少し時間をは掛かるけど、それも楽しみに。本物の醤油を味わってみてください。

少し時間をは掛かるけど、それも楽しみに。
本物の醤油を味わってみてください。

How to make Soy Sause!

手作り醤油キットの作り方

準備するものまずは醤油作りに必要なものをそろえよう!

準備するもの

まずは醤油作りに必要なものをそろえよう!

手づくり醤油キットで実際醤油を仕込んでいる様子をお伝えします。
仕込みといってもとっても簡単なんです。

キットの中身

左から順に
・<完成見本>丸大豆醤油
・食塩(約414g)
・醤油麹(1kg)
・<完成見本>もろみ
・搾り布
以上のものが入っています。

用意してもらうもの 

・水 1.8リットル(ミネラルウォーター等)
・保存用の瓶(梅酒づくりなどに使うようなもの)
・ボール
・計量カップ
・スプーンや木べら
・食塩(キットに入っています)
・醤油麹(キットに入っています)

食塩水作り付属の塩は長崎県の崎戸島の平釜塩「海はいのち にっぽんの海塩」

食塩水作り

付属の塩は長崎県の崎戸島の平釜塩「海はいのち にっぽんの海塩」

水 1.8リットルをはかり、ボールなどの容器に入れます。
そこに食塩(約414g)を溶けやすいように数回にわけて加え、透明になるまでよくかき混ぜ、23%(W/V)の食塩水を作ります。

醤油麹を仕込む丁寧にゆっくりと仕込んでいきましょう。

醤油麹を仕込む

丁寧にゆっくりと仕込んでいきましょう。

醤油麹(1kg)をほぐし、仕込み用の容器に入れ、1の食塩水を加えて醤油麹をさらにほぐしながらよくかき混ぜます。
初期の撹拌を荒櫂(あらがい)といいます。食塩が麹の中に行き届くと、醤油を作る耐塩性微生物以外の微生物は死滅します。
撹拌が不十分だと他の微生物が活動し腐敗することがあります。
なのでよくかき混ぜることが重要になるのです!

※なお、こちらの作業はなるべく手づくり醤油キット到着当日に行ってください。無理な場合は麹を冷蔵庫に保管し、早めに仕込みをしてください。

1年かけて、ゆっくり丁寧に
あなただけのお醤油を
育ててください

酸素を与えてあげる軽く押し込むように混ぜてあげましょう。

酸素を与えてあげる

軽く押し込むように混ぜてあげましょう。

仕込みから3〜4ヶ月経ち、もろみがどろっとしてくる頃、表面に白いかび状のものが浮いてきます。
これは産膜酵母と言って酵母の一種です。これが出てきたら、かき混ぜます。
あくまでも軽く、押し込んでください。

もろみを包んで優しくしぼるやさしく、やさしく

もろみを包んで優しくしぼる

やさしく、やさしく

ボウルに搾り布をかぶせ、もろみを包んで力を加えずやさしく搾ります。
もろみの味は日々変化します。
搾った時、その時々の味をお楽しみいただけます。